Ciao Franca
Un ricordo, molto personale.

チャオ、フランカ
私的な想い出


DI FABRIZIO GRASSELLI
ファブリッツィオ・グラッセッリより

TRADUZIONE: SHOKO TAKAHASHI
翻訳者:高橋祥子


Chissà quanti conoscono Franca Rame in Giappone? Forse qualcuno conosce il marito, attore, drammaturgo e premio Nobel per la letteratura Dario Fo. In Italia, però, Franca Rame la conoscono tutti come attrice e anche, forse soprattutto, come militante dell’estrema sinistra, come combattente femminista, instancabile nella lotta contro ogni forma di potere autoritario.

フランカ・ラーメのことを知っている人は日本にどれくらいいるでしょうか。俳優、劇作家、そしてノーベル文学賞受賞者である彼女の夫、ダリオ・フォーを知っている人はもしかするといるかもしれませんが。 イタリアでは、フランカ・ラーメは女優として大変有名ですが、恐らくは、あらゆる権力支配体制に挑む不屈の極左派系の活動家、フェミニズム運動家として、よりその名が知られているかもしれません。

Ma per me Franca Rame è stata da sempre solo e semplicemente ‘La Franca’, così come la chiamavamo tutti noi, suoi vicini di casa, o meglio, vicini di suo papà, l’attore Domenico Rame.
Lei: ‘La Franca’, già nei primissimi anni 60’ era sempre in giro per l’Italia, in questo o in quel teatro, a recitare col marito Dario Fo, al quale ci si riferiva sempre come: “L’hom de la Franca”, letteralmente “Il marito della Franca”.
In quelle grandi comunità che erano le vecchie case di ringhiera lombarde, dove abitavamo anche noi, vicini di casa di Domenico Rame, tutti avevano un soprannome: “ La Maria dei Gatti, il Dottore, la Lattaia...”

でも、私にとってフランカ・ラーメは、そんな勇猛な政治活動家などではなく、ただのシンプルな「ラ・フランカ(あのフランカ)」でした。近くに住む私たちや、彼女の、というより父親である俳優ドメニコ・ラーメの隣近所の人たちが、皆、彼女をそう呼んでいたように。(イタリア語では普通、人名に定冠詞は絶対つけませんが、ミラノではそういった習慣があります)
ラ・フランカは、1960年代に入ってすぐの頃には既にイタリア中を周り、人々から「L’hom de la Franca(あのフランカの夫)」(ミラノ方言)などと呼ばれていた夫のダリオ・フォーと共に、あちこちの劇場の舞台に立っていました。
ロンバルディア地方特有の旧式アパート「カーザ・ディ・リンギエーラ(欄干の家)」が作りだす共同地域に、私もラ・フランカの父親も暮らしていたわけですが、そこに住む人々には、それぞれ「猫のマリーア」「お医者さん」「牛乳配達人」といったあだ名がついていました。


Chi non ci ha vissuto, non può capire cos’erano le case di ringhiera; qualcosa a metà strada tra la grande cascina lombarda e il Falansterio di Charles Fourier, dove risuonavano tutti i dialetti della valle del Po, è forse nato così il gramelot di Dario Fo?
Gramelot è una forma recitativa che unisce suoni, onomatopee, parole e fonemi privi di significato in un discorso.

カーザ・ディ・リンギエーラとはどのような家だったのか、ロンバルディアに住んだことのない人には分かりようがないと思いますが、言ってみればそれは、ロンバルディアの共同農場内にある大農家と、フランスの哲学者シャルル・フーリエが提唱したラ・ファランジュ(原始共産的農業家族集団)の間のような形態のアパートで、そこではポー川流域のあらゆる方言が行き交っていました。ダリオ・フォーの gramelot(音、擬声語、言葉、そして会話の中において、あまり意味のない音素を一体化させた、話し言葉に抑揚をつけたような歌唱法)はこのような環境から生まれたのかもしれません。

La Franca, dicevo, non c’era spesso, ma quando c’era, io me ne accorgevo subito, perché il grande portone verde era spalancato e nel cortile era parcheggiata la sua Giulietta di un bel colore azzurrino.
Lei era bionda ma di un biondo proprio biondo!
Mi ricordo i suoi occhiali da sole e in particolare, non so perché, di una domenica radiosa di maggio, di un suo vestito di raso sul verdino, al ginocchio, corto per quell’epoca e del profumo intenso, floreale che la circondava… un ricordo… un’immagine che mi ha accompagnato per tutta la vita.

話が逸れましたが、当時、ラ・フランカはいつも留守がちでした。でも、家にいる時は、大きな緑の表玄関が開け放され、中庭に彼女の明るい青の愛車ジュリエッタが停まっていたので、私はすぐ気付いたものです。 彼女の髪は金髪、それも完璧なまでに美しいブロンドだったのを覚えています。
ラ・フランカが掛けていたサングラスも目に浮かびますし、なぜだか分からないけれど、5月の、とある明るい日曜日のことを特によく覚えています。彼女は薄緑色のサテンの服を着ていて、それは、その当時としては短いひざ丈で、強い花の香りの香水が彼女を包み… その情景は、今でもずっと私の頭の中に染みついています。

Forse perché era così diversa da tutte le altre donne che incontravo tutti i giorni.
Come posso dire… era una specie di Fata Turchina di Pinocchio che al posto della bacchetta magica, teneva in mano una sigaretta.

それはきっと、ラ・フランカという人が、私が毎日会っていた他のどの女性たちにもない、何かをもっていたからでしょう。何と言えばいいか… まるでピノキオに出てくるブルーフェアリーのような女性だったのです。魔法の杖の代わりに、いつも手に煙草を一本持って。

Tu, cara Franca, non puoi ricordare gli occhi di quel bambino che ti spiavano quel giorno, dalla penombra, dietro la porta socchiusa del magazzino, dove tuo papà teneva i costumi del teatro.
Io invece ricordo tutto, come se fosse ieri… e tu lo sai che non si muore mai, fino a quando si rimane nella memoria di qualcuno.

愛しいフランカ、貴女はあの日、少し開いた倉庫扉の後ろの薄明かりから、それは父上が舞台衣装を保管していた倉庫だけれど、そこから貴女をそっと見つめていた子どもの瞳を覚えてはいないでしょうね。
私は何もかも覚えていますよ。まるで昨日のことのようですから… 貴女は知っていますよね、人は、誰かの記憶の中に生き続けている限り、絶対死ぬことなんてないということを。

Ciao Franca.
チャオ、フランカ

Franca Rame

Franca Rame è scomparsa lo scorso 29 maggio a Milano.
Una donna che ha dedicato la sua vita al teatro, all’ impegno culturale e alle battaglie politiche.
Nasce in una famiglia con antiche tradizioni teatrali, legate principalmente al teatro dei burattini e delle marionette.
Da giovanissima debutta nel mondo dello spettacolo e nel 1954 sposa Dario Fo il quale riceve il premio Nobel per la letteratura nel 1977.
Da questo momento la coppia procede unitamente negli impegni artistici e politici.
Fonda e dirige, assieme al marito, una compagnia teatrale di grande successo la “Compagnia Dario Fo-Franca Rame” e il gruppo di lavoro “La Comune” che propone spettacoli di satira e di controinformazione politica anche molto feroci.
A partire dalla fine degli anni settanta, partecipa al movimento femminista.
Nel marzo del 1973 è stata rapita da esponenti dell'estrema destra e ha subito ogni tipo di violenza. Il reato contestato ai suoi assalitori è andato in prescrizione dopo 25 anni!
Franca Rame trovò il coraggio di raccontare questa storia e non fu facile per lei, come il figlio Jacopo dice in una recente apparizione pubblica, poiché veniva da una famiglia cattolica in cui la vergogna del dolore era maggiore della volontà di denuncia.
Nelle elezioni politiche del 2006 viene eletta senatrice in Piemonte.
Ha lasciato il Senato nel 2008 poiché non condivideva gli orientamenti governativi.

フランカ・ラーメ

先月5月29日にミラノにて死去。
その生涯を演劇、文化活動、政治運動に捧げた女性。
古くから、主に人形劇やマリオネット芝居を上演する役者一家に生まれる。
幼少から舞台に立ち、1977年にノーベル文学賞を受賞した劇作家ダリオ・フォーと1954年に結婚。
その時より、二人は共に芸術活動や政治運動に邁進する。フランカは夫と共同で、後に大きな成功を収めることになる劇団『ダリオ・フォー/フランカ・ラーメ劇団』、また、風刺劇や、かなり辛辣な非公式政治情報を題材にした芝居を上演する演劇グループ『ラ・コムーネ』を設立・運営。
1970年代終わり頃からは、フェミニズム運動に参加。
1973年3月には、極右グループの代表者らに拉致され、ありとあらゆる暴行を受けるが、この犯行の実行犯に対する告発は25年後に時効を迎えてしまう。フランカ・ラーメはこの一連の出来事を勇気をもって激白したが、最近、公に姿を見せた息子のヤコポが語ったように、フランカにとってそれは決して簡単なことではなかった。なぜなら、彼女は、告訴しようと思う気持ちよりも、被害に遭ったことを恥ずかしく思う、そんなカトリックの家の出であったからだ。
2006年の上院選挙では、ピエモンテ州の上院議員に選ばれるが、政府の方針と折り合わず、2008年には上院を去っている。

Un video della televisione LA7 ricorda l'attrice Franca Rame
女優フランカ・ラーメの在りし日の姿を記録したテレビ番組 LA7 はこちら