DA Dante Alighieri Tokyo
DA Dante Alighieri Tokyo
Ducati150 anni
Guzzini Carmignola

‘Sono più stupidi gli italiani o i giapponesi?’

『イタリア人と日本人、どっちがバカ?』
ファブリツィオ・グラッセッリ著


di Fabrizio Grasselli e Toru Mizusawa
ファブリツィオ・グラッセッリと水沢透

Grasselli

Uscito in libreria un nuovo libro, metà romanzo e metà saggio, che ci racconta l’Italia e il Giappone di oggi: la società, la famiglia, il lavoro, l’economia e la politica.


全国の書店に、新しい本が並びました!半分は「小説」、半分は「評論エッセイ」という、全く新しい形の本です。内容は、現在のイタリアと日本、二つの国について、社会と家族、そして仕事、さらには経済と政治に至るまで、さまざまな角度から描き出したものです。


Negli ultimi mesi del 2011, dall’Europa e soprattutto dall’Italia arrivavano notizie preoccupanti che riguardavano l’economia e la politica.
In quei giorni Berlusconi si dimetteva da Primo Ministro e il suo posto era preso da Mario Monti, un professore universitario legato da un lato al sistema burocratico amministrativo dell’Unione Europea e dall’altro ai grandi gruppi finanziari internazionali, soprattutto anglosassoni.


2011年の後半、ヨーロッパから、その中でも特にイタリアから、経済と政治の観点から見て、非常に心配なニュースが伝えられました。いわゆる「債務危機」と呼ばれるものです。
そして、ベルルスコーニが首相の座から退き、それに代わって、マリオ・モンティがイタリアの首相になりました。彼は、大学の教授(学長)であると同時に、EU=欧州連合の行政機構と、強い関係を持つ人物でした。そしてまた、国際的な(特に米英の)巨大金融グループとも、深いつながりを持っていました。


Grasselli

Si è capito subito che stava succedendo qualcosa di veramente eccezionale e cioè che Monti era stato scelto, per così dire, “di forza” senza essere stato eletto dagli italiani e che era un rappresentante e sostenitore della ‘New Economy’, cioè di quel sistema complesso fatto di politica, economia e finanza che controlla oramai da decenni, attraverso i grandi gruppi finanziari, i destini del mondo.


この出来事は、イタリアの地で、非常に「異例の」出来事が起こりつつあるという事を、はっきりと示していました。なぜならモンティは、イタリア国民による選挙という正式の手続きを踏まず、いわば「強引に」選ばれた首相だったからです。モンティは、いわゆる「ニュー・エコノミー」を支える人物であり、またその代表者でもあります。すなわち彼は、ここ数十年の間、巨大な国際金融資本の力によってコントロールされてきた、世界の政治と、経済・金融に関わる、複雑なシステムの中枢にいた人物のひとりなのです。そんな人物が、今、イタリアの首相になっているわけです。


Le prime domande che nascevano spontanee erano: “ Com’è possibile che l’Italia, improvvisamente sia diventata il target della speculazione finanziaria?”. “Come mai un Paese come l’Italia che nel dopoguerra era cresciuto fino a diventare una delle prime potenze economiche mondiali, è diventato improvvisamente povero e ingovernabile?”.


ここで自然に浮かんでくる一番の疑問は「なぜ、どのようにしてイタリアが、突然、世界の金融投機筋の、ターゲットになってしまったのか」ということ。そして「第二次大戦後、世界の『経済先進国』の一つにまで成長したイタリアのような国が、どうして急に、国家経済の窮乏と、政治的な制御不能の事態に陥ってしまったのか」ということです。


In realtà la crisi italiana è una ‘crisi antica’ che ha le sue origini negli anni 70 dello scorso secolo ed è stata causata da scelte politiche sbagliate, aggravate dalla corruzione e dalla perdita del senso morale e civile di molti politici italiani, ma anche di molti cittadini.


Grasselli

しかし実は、「イタリアの危機」は、今始まったものではなく、かなり古いものです。その始まりは、1970年代にさかのぼります。それは、汚職と癒着の構造によって悪化した、間違った政治と、多くのイタリアの政治家たちの、政治と社会に関する、モラルのなさが引き起こしたものなのです。しかしこのモラルの欠如は、政治家だけに限ったものではなく、多くのイタリア国民の側にもあったものだと言わざるを得ないのが現実です。


Tutto questo è successo perché gli italiani sono stupidi?
Forse il sistema economico e politico negli altri paesi è migliore?


こうしたことは、イタリア人が、それこそ「バカだから」起きたことなのでしょうか?他の国では、経済と政治の仕組みは、もっと、まともなものなのでしょうか?


Pensando al Giappone, verrebbe voglia di rispondere di no.
In questo Paese l’instabilità politica è uguale, se non superiore, a quella dell’Italia.
Corruzione e il nepotismo sono fatti comuni, quanto in Italia.
La crisi economica iniziata oramai due decenni fa, non sembra trovare una soluzione.
In più la dipendenza del Giappone dalle scelte strategiche degli USA e la mancanza di una politica internazionale autonoma ricordano quelle dell’Italia.
Tutto questo è successo perché i giapponesi sono stupidi?


日本に住み、この国について考えてみるとき、その答えは残念ながら「NO」であると言わざるを得ません。日本にも、政治に関する「不安定さ」と「欠陥」があることは、イタリアのそれ以上とは言いませんが、ほとんど同じぐらいだ、と言っても間違いではないように思われます。この国にも、企業や官僚、政治家たちによる「癒着の構造」は、イタリアと同じように、存在しています。経済に関して見ても、その停滞は、既に約20年前から続いていて、そこから脱出する方法はいまだに見つからないようです。
さらに日本の政治について見ても、残念ながらアメリカの「世界戦略」から独立したものになっているとは言い難いと思えます。外交政策についての自主性の欠如、という面から見て、日本のそれは、イタリアと似たようなものだ、と言っても良いでしょう。こうしたことすべては、日本人が「バカだから」起きていることなのでしょうか?


Il punto non è quello di sapere se sono più stupidi gli italiani o i giapponesi. Il titolo un po’ provocatorio del libro vuole attirare l’attenzione del pubblico su una situazione politica, economica e sociale molto simile tra Italia e Giappone.


いずれにしても、大事なことは、イタリア人と日本人の、どちらがより愚か者か、というのを知ることではありません。この本に、少し「挑発的な」タイトルが付けられている理由は、イタリアと日本が、政治と経済、そして社会的な面で、いま、非常に似た状況にあるということを、多くの人に注目してほしかったからなのです。


Grasselli

Ci sono tanti modi per scrivere un libro di questo tipo, invece di scrivere un lungo saggio di economia politica mi è sembrato giusto far parlare la gente comune.
Il libro, infatti, è scritto come un romanzo che descrive in modo autentico la vita quotidiana di una famiglia italiana, con i suoi piccoli e grandi problemi, a volte dolorosi, altre volte tragicomici e divertenti.
Per ogni capitolo del romanzo è accompagnato da un saggio che analizza, alcuni aspetti economici e politici, della realtà italiana o giapponese.


こうした種類の本を書くやり方は、いろいろあります。しかし私には、経済や政治についての長い評論を書くよりも、イタリアと日本の「普通の人々」の、生きた会話を通して表現する方が、ふさわしく思われました。それでこの本の半分は、小説のような、オリジナルの表現方法で書かれています。そこには、あるイタリア人の一家が登場し、彼らをめぐって、ある時は小さな、そしてある時は深刻な事件が起こります。それは、つらい出来事だったり、あるいは「悲喜劇」と呼べるものだったり、クスクスと笑えるものだったりします。そして、すべての章の「小説」には、それに対応した、評論エッセイが付けられています。それらは、今のイタリアもしくは日本の、現実の経済や政治について、様々な視点から分析して書かれたものです。


Il lavoro di scrittura è durato circa tre mesi, ma il lavoro editoriale per cercare di rendere il libro comprensibile e piacevole ai lettori giapponesi è durato molto di più.
In questo Toru (Toru Mizusawa) è stato, come sempre, bravissimo.


この本の基本的な執筆作業には、約三か月間がかかりました。しかし、日本の読者のために、本をよりわかりやすく、読んで楽しいものにするための編集作業には、さらにもっとたくさんの時間がかかっています。この作業をするにあたって、私の「執筆協力者」である水沢透さんは、いつもながら、大変良い仕事をしてくれました。


Lavoro con Toru da moltissimi anni e non posso immaginare di pubblicare qualcosa in Giappone senza di lui. La sua pazienza, precisione e bravura stilistica sono veramente eccezionali. Per usare una metafora possiamo dire che io sono una specie di fiume che corre impetuoso e lui è la diga che lo trasforma in tanti piccoli canali ordinati. Credo che sia un bell’esempio di collaborazione tra il modo di pensare e di fare italiano e quello giapponese.


透さんとは、実は本当に長い間、一緒に仕事をしています。私が日本で何か本を出版するということは、彼の協力なしでは考えられません。彼の辛抱強さ、正確さ、そして文章に関するテクニックは、本当に並はずれたものです。たとえて言うならば、私は激しく暴れながら流れる川のようなもので、それに対して彼は、その暴れ川を、よく整備された、たくさんの運河へと変えてくれる、堤防のような存在です。私たちの関係は、イタリア人と日本人の、物の考え方や、実行の仕方を突き合わせて、うまくコラボレーションが出来ている、非常に良い例なのではないかと思います。


Il romanzo-saggio nato dalla nostra collaborazione, già dal suo titolo provocatorio, vuole essere un campanello d’allarme per tutti noi, italiani e giapponesi. Un invito a considerare cosa sia possibile fare per rigenerare la nostra società.
Uno stimolo a pensare che futuro vogliamo per questi due paesi, tanto lontani ma anche tanto simili, l’Italia e il Giappone.


私たち二人の共同作業から生まれたこの本は、その、ある意味挑発的なタイトルからわかるとおり、イタリア人と日本人両方に対しての、一種の「警鐘」となることを目的に作られました。そして両国の社会を、現在の問題山積の状態から回復させるために、何ができるか、よく考えることを勧めているものです。
イタリアと、日本。この、とても遠く、しかしよく似てもいる二つの国の未来が良いものなるために、この本がひとつの「刺激」になれば、と考えています。


“Italiani e giapponesi, chi sono i più stupidi?"

『イタリア人と日本人、どっちがバカ?』


Grasselli

di Fabrizio Grasselli
casa editrice Bungei - Shinsho Bunshun
2012, pp. 254
Prezzo 770 Yen


ファブリツィオ・グラッセッリ著
文春新書―文藝春秋刊 254ページ
本体770円+税
(こちらからご購入いただけます)


Grasselli

Nel numero di ottobre 2012 di Bungei Shunshu appare un’intervista all’autore.


文藝春秋10月号では著者のインタビューが掲載されています。
(こちらからご購入いただけます)




Vino del mese



Bioitalia Green Plaza IVS
Blogger