DA Dante Alighieri Tokyo
DA Dante Alighieri Tokyo
Ducati150 anni
Guzzini Carmignola

66a edizione del Premio Strega

第66回ストレーガ賞


Sinonimo di cultura… senza dimenticare il mitico liquore

それはまさに文化の祭典…でも伝説のリキュールもお忘れなく


Traduzione curata da Shoko Takahashi
翻訳者:高橋祥子

Strega

Il 6 luglio di quest’anno si è conclusa la 66a edizione del Premio Strega, l’immancabile appuntamento letterario dell’estate italiana.
Dal 1947 il Premio Strega, è il più importante premio letterario italiano che viene assegnato annualmente a un libro pubblicato, in Italia, tra il 1º aprile dell’anno precedente ed il 31 marzo dell’anno in corso.


今月7月6日、イタリアの夏には欠かせない文学の祭典、第66回ストレーガ賞の授賞式が行われました。
ストレーガ賞は、1947年から続くイタリア文学界最高峰の賞で、前年の4月1日からその年の3月31日までに、イタリア国内で出版された書籍の中から最優秀作品一冊に毎年贈られています。


Il vincitore di quest’anno è Alessandro Piperno con il libro: ‘Inseparabili. Il fuoco amico dei ricordi’ edito da Mondadori (Pag. 356, € 20,00).


今年の受賞者は、『Inseparabili. Il fuoco amico dei ricordi(離れられない‐想い出の中の熱き友)』(Mondadori出版、356頁、価格€ 20.00)を書いたアレッサンドロ・ピペリーノに決定しました。


Con la sua nuova pubblicazione, Piperno conclude la saga della famiglia Pontecorvo iniziata con un libro precedente, pubblicato nel 2010: ‘Persecuzione’, nel quale raccontava la storia di un noto chirurgo romano coinvolto assurdamente in uno scandalo di pedofilia.
In questo nuovo libro, invece, lo scrittore segue le vicende dei due figli del chirurgo romano, Samuel e Filippo, ormai adulti, con le loro vite contorte e imprevedibili.


Strega

2010年出版の前作『Persecuzione(迫害)』でピペリーノは、小児愛に絡むスキャンダルにたまたま巻き込まれた有名ローマ人外科について描いていますが、今回の新作はその続編で、これによりポンテコルヴォ家の系譜小説を完成させたわけです。
新作では、このローマ人外科の二人の息子サムエルとフィリッポ、二人は既にもう大人ですが、彼らの波瀾万丈の人生を描いています。


Strega

La scelta del vincitore anche quest’anno è stata decisa da 400 uomini e donne di cultura tra cui giornalisti, scrittori, artisti e letterati chiamati ‘Amici della Domenica’.
Al loro voto si è aggiunto quello di altri gruppi tra cui quello degli studenti delle scuole secondarie superiori della regione Lazio e Campania, del Dipartimento di studi filologici, linguistici e letterari dell’Università ‘Tor Vergata’ di Roma, dei soci dei comitati italiani della Società Dante Alighieri e di 60 lettori scelti dalle librerie italiane.


受賞者の選考は今年も、ジャーナリストや作家、芸術家、文学者など男女合わせて総勢400人から成る「Amici della Domenica(日曜日の友人たち)」という名のグループが行いました。
この選考会にはその他にも、ラツィオ州とカンパーニャ州の高等学校の生徒や、ローマ・トル・ヴェルガータ大学の文献学、言語学、文学のそれぞれの研究学科、イタリアのダンテ・アリギエーリ協会支部の会員、そしてイタリアの書店が選んだ60人の読者も参加しました。


Strega

L’idea del Premio Strega è nata a Roma durante i periodici incontri culturali (il cosiddetto salotto culturale) a casa di Goffredo e Maria Bellonci, i cui frequentatori hanno deciso di chiamarsi: "Amici della Domenica".
Il nome del Premio, invece, viene da Guido Alberti, un industriale amico dei coniugi Bellonci.
Guido Alberti era il proprietario dell'omonima casa produttrice del Liquore Strega che allora, come oggi, sponsorizza la manifestazione.


Strega

ストレーガ賞はローマにおいて、ゴッフレードとマリア・ベッロンチ夫妻の家で開かれていた文学者たちの定期集会(いわゆる文化サロン)の中でそのアイデアが生まれ、参加者たちは自らを「Amici della Domenica(日曜日の友人たち)」と呼んでいました。
一方、賞の名前は、ベッロンチ夫妻の友人で企業家のグイード・アルベルティの発案です。グイード・アルベルティは、自らの名前を付けた醸造所のオーナーで、そこでLiquore Strega(魔女のリキュール)というリキュールを作っており、当時から今もなお、ストレーガ賞の催しのスポンサーを務めています。


Il primo vincitore del Premio Strega fu Ennio Flaiano con: ‘Tempo di uccidere’, il 16 Febbraio 1947. Negli anni a seguire il Premio ha visto la partecipazione di tutti i maggiori autori italiani del secondo novecento: Moravia, Eco, Morante, Pavese, Gadda, Palazzeschi, Silone, Tomasi di Lampedusa.


Strega

1947年2月16日に行われた第1回ストレーガ賞の受賞者は『Tempo di uccidere(殺す時)』を書いたエンニオ・フライアーノです。 そしてその後も、モラーヴィア、エコー、モランテ、パヴェーゼ、ガッダ、パラッツェスキ、スィローネ、トマーズィ・ディ・ランペドゥーサといった、1900年代後半のイタリアを代表する優れた作家たちがあとに続きました。


Il Liquore Strega

リクオーレ・ストレーガ(魔女のリキュール)


Strega Nasce a Benevento, secondo un’ antica leggenda, la città di ritrovo di tutte le streghe del mondo.
Si ottiene dalla distillazione di circa 70 erbe e spezie ed ha una gradazione alcolica di 40%.
E’ ideale in ogni momento della giornata e può essere apprezzato liscio o ghiacciato, sulla frutta, sulla macedonia, accompagna inoltre dessert, gelati o cioccolata calda e costituisce anche la base di numerosi cocktail.

カンパーニャ州ベネベントで開発されたリキュール。古い伝説によると、ベネベントは世界中の魔女たちのたまり場といわれている。
約70種類のハーブと香辛料を蒸留することで抽出され、アルコール度数は40%。
一日のあらゆる場面にぴったりのリキュールで、ストレートでもロックでも美味しく、フルーツやマチェドニア(フルーツカクテル)にかけたり、デザートやジェラート、ホットチョコレートと共に飲んだり、様々なカクテルのベースとしても使われている。


Alcuni dei vincitori dei precedenti edizioni del Premio Strega

ストレーガ賞の過去の授賞者と授賞作品の一例


2008年 - 『素数たちの孤独』La solitudine dei numeri primi、
パオロ・ジョルダーノ Paolo Giordano (Mondadori出版)

2002年 - 『動かないで』Non ti muovere、マルガレート・マッツァンティーニ Margaret Mazzantini (Mondadori出版)

1981年 - 『薔薇の名前』Il nome della rosa、
ウンベルト・エーコ Umberto Eco (Bompiani出版)

1959年 - 『山猫』Il gattopardo、ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ Giuseppe Tomasi di Lampedusa (Feltrinelli出版)



Per conoscere i vincitori delle sessantasei edizioni del Premio Strega vai ai seguenti siti

過去66回全ての授賞作品は下記のサイトからご覧いただけます


http://www.strega.it/premio_strega/ http://ja.wikipedia.org/wiki/ストレーガ賞
Vino del mese



Bioitalia Green Plaza IVS
Blogger