DA Dante Alighieri Tokyo
DA Dante Alighieri Tokyo
Ducati150 anni

Il Salone del Mobile di Milano
festeggia i 50 anni

50周年を迎えるミラノ・サローネ
国際家具見本市


Traduzione curata da Shoko Takahashi
翻訳者: 高橋祥子

Triennale Design Museum

Chi di noi non ha dormito vicino, davanti, sopra o dentro a un evocativo oggetto di design italiano? Oppure cucinato qualcosa, bevuto un caffè, preparato un tè usando un oggetto di desing italiano?


人をかくも魅了するイタリアン・デザインの製品を身の周りに一つも置くことなく生活している人はいるでしょうか。イタリアン・デザインの家庭用品を一つも使うことなく料理をしたり、コーヒーやお茶を飲んだりしている人はいるでしょうか。


Poltrona

Il Salone del Mobile, in programma a Fieramilano dal 12 al 17 aprile 2011, compie 50 anni e li festeggia dedicando una mostra agli uomini, alle aziende e ai progetti che hanno contribuito a creare il design italiano dal dopoguerra a oggi e a decretare il successo del Salone del Mobile nel mondo.
Il curatore Alberto Alessi per questa esposizione dal titolo «Le fabbriche dei sogni - Uomini, idee, imprese e paradossi delle fabbriche del design italiano» ha scelto circa 250 oggetti che hanno rivoluzionato l'arredamento e il design internazionale negli ultimi 50 anni.
Tra gli oggeti presenti: la Lettera 22 di Nizzoli e Beccio prodotta da Olivetti (1950) la lampada Arco di Castiglioni prodotta da Flos (1962), la poltrona Sacco di Piero Gatti e Cesare Paolini per Zanotta (1968) il letto Nathalie di Vico Magistretti per Flou (1978), l'attaccapanni Muku di Naoto Fukasawa per Driade (2005)
Il percorso oltre agli oggetti che sono diventati best­seller, include anche quelli che hanno fatto «flop» cioè non hanno avuto successo nel mercato ma hanno comunque contribuito all’evoluzione del design italiano. Intrapposte agli oggetti, le sagome di 56 «capitani coraggiosi» che hanno fatto la storia del design industriale.


AttaccapanniHotLampada

2011年4月12日〜17日にフィエラミラノで開催されるサローネ国際家具見本市は今年50周年を迎え、それに合わせて、第二次世界大戦後から今日までイタリアン・デザインの礎を築き、当見本市が国際的に評価されるまでになったその発展に貢献した人物、企業、そしてプロジェクトに捧げる展示会を開催します。
キュレーターであるアルベルト・アレッシは、『夢工場−人間、アイデア、企業、そしてイタリアン・デザイン工場の挑戦』と銘打ったこの展示会に、この50年間に室内装飾や国際デザインに革命を起こした250点の作品を選びました。
Cavatappi その内の一例は次の通りです。ニッツォリとベッチョ作のタイプライター「La Lettera 22」(オリベッティ社 1950)、カスティリオーニ作のスタンドライト「Lampada Arco」(フロス社 1962)、ピエロ・ガッティとチェーザレ・パオリーニ作の安楽いす「Poltrona Sacco」(ザノッタ社 1968)、ヴィーコ・マジストレッティ作のベッド「letto Nathalie」(フロウ社 1978)、深澤直人作のハンガー「無垢」(ドリアデ社 2005)。
展示場には、これまでベストセラーになった作品以外にも、いわゆる「フロップ」と呼ばれる商業的には失敗した作品もありますが、それでもイタリアン・デザインの革命に一役買ったことは間違いありません。成功、不成功にかかわらず一堂に会した作品の中に、イタリア工業デザインの歴史を創った56人の優れたクリエーターたちのデザインがあちこちに展示してあります。


Lettera Nathalie

La mostra racconta la storia del design italiano dando particolare rilievo agli imprenditori di aziende, spesso piccole, che motivati da valori ideali estetici e culturali che hanno saputo unire la tecnica, la gestione commerciale con l’arte e la fantasia di architetti e designer.
Il design e la moda sono tra i pochi settori dell’economia italiana capaci di attirare talenti da tutto il mondo.


美しく文化的なものが持つ価値に突き動かされた会社(時として小規模企業)の実業家たちは、技術と、美術品を扱う商売手腕と、設計者とデザイナーの創造力の全てを結集させる術を知っているわけですが、本展示会はそんな彼らに特にスポットを当てながら、イタリアン・デザインの歴史を紹介しています。 デザインとファッションは、才能あふれる世界中の人々を惹き付けることができる、イタリア経済を支える数少ない分野なのです。


L’esposizione sarà aperta al Triennale Design Museum, all’interno Palazzo della Triennale di Milano, sino al 26 aprile 2012.


展示会はミラノのパラッツォ・デッラ・トリエンナーレの中にあるトリエンナーレ・デザイン・ミュージアムで、2012年4月26日まで開催しています。



Alberto Alessi


Alberto Alessi

Nato ad Arona in provincia di Novara nel 1946, dopo la laurea in giurisprudenza conseguita a Milano, entra nel 1970 nell’azienda di famiglia inaugurando una nuova era produttiva. Chiama a lavorare giovani progettisti che danno un’impronta giocosa ai prodotti facendo nascere nel mondo il Fun design di Alessi.


アルベルト・アレッシ
1946年、ノヴァーラ市アロナ生まれ。ミラノで法学部を卒業後、1970年に家族経営の家庭用品メーカーに就職し、アレッシの新時代を築く。作品に遊び心をもたせる若手デザイナーを起用し、世界にアレッシ・デザインのファンを増やすことに成功。


Triennale Design Museum di Milano, il museo mutante

行くたびに新鮮なミラノ・トリエンナーレ・デザイン・ミュージアム


Catalogo

Il Triennale Design Museum di Milano conferma la sua natura di museo dinamico, in grado di rinnovarsi continuamente e di offrire al pubblico percorsi inediti e diversificati con una nuova interpretazione di ciò che è il design nel nostro Paese.
Nonostante questa idea stia per essere adottata da altri musei del design nel mondo (anche il Design Museum di Londra sta ideando un museo mutante), quello di Milano rimane l’unico che per ogni mostra non cambia solo gli oggetti ma anche l’allestimento e l’approccio storico e culturale.


ミラノ・トリエンナーレ・デザイン・ミュージアムは絶えず展示内容を更新し、それまで未公開だった多岐にわたる作品を大衆に提供し続けている活気あふれる博物館で、常にイタリアン・デザインの新しい考え方を発信しています。
この理念は世界のデザイン博物館が取り入れつつありますが(ロンドン・デザイン・ミュージアムもその都度展示品を総入れ替えする方針でいます)、ミラノ・トリエンナーレ・デザイン・ミュージアムは展示会のたびに作品だけではなく、展示のためのセットや、作品がもつ歴史的・文化的背景へのアプローチ方法まで、全てを変えてしまう唯一無二の博物館であり続けています。


I Edizione “Le sette ossessioni del design italiano” curata da Andrea Barzi, dal 07.12.2007 al 25.01.2009
II Edizione “Serie Fuori Serie” curata da Andrea Barzi, dal 21.03.2009 al 28.02.2010
III Edizione “Quali cose siamo” curata da Alessandro Mendini, dal 27.03.2010 al 27.02.2011
IV Edizione “Le fabbriche dei sogni” curata da Alberto Alessi, dal 5.4.2011 al 26.02.2012


第一回2007.12.7〜2009.1.25:
『イタリアン・デザインの7つの妄想』キュレーター / アンドレア・バルツィ
第二回2009.3.21〜2010.2.28:
『オフ・シリーズ』キュレーター / アンドレア・バルツィ
第三回2010.3.27〜2011.2.27:
『我々を構成するモノ』キュレーター / アレッサンドロ・メンディーニ
第四回2011.4.5〜2012.2.26:
『夢工場』キュレーター / アルベルト・アレッシ


Viale Emilio Alemagna 6
Tel. +39 02724341
Fax +39 0289010693
Sito Web: www.triennaledesignmuseum.it

Accademia Europea Rizumori Atelier Su