イル・チェントロ月間 、Il Centro Ghekkan、イタリア語雑誌、イタリア語Magazine、イタリア語、イタリア語学校、イタリアのレシピ、イタリアのニュース、イタリアの歌、イタリア語教室、東京、イタリア語レッスン、イタリア語検定、PLIDA、イタリア留学、イタリア語講座、ダンテ・アリギエーリ協会

Galleria degli Uffizi e Museo dell'Accademia su iPad e iPhone アイパッドとアイフォンでウフィッツィ美術館とアカデミア美術館巡り Se avete un IPhone o un nuovissimo IPad, presto potrete starvene a casa vostra ad ammirare i piu bei capolavori dell'arte italiana. Come? Grazie alle nuove guide digitali, di facile consultazione, ideate da Giunti Editore in collaborazione con la Soprintendenza dei musei fiorentini. Le prime guide digitali sono dedicati ai due maggiori musei della citta toscana, cioe la Galleria degli Uffizi e la Galleria dell'Accademia. もし皆さんがアイフォンと新登場のアイパッドをお持ちなら、家にいながらにしてイタリア芸術の傑作を鑑賞することがまもなくできるようになります。でもどうやって? ジュンティ出版社がフィレンツェ美術館特別監督局と共同で考案した新しく使いやすいデジタルガイドによってそんな夢のようなことが実現します。 そのデジタルガイドがまず取り上げたのは、トスカーナにある二つの最も重要な美術館であるウフィッツィとアカデミアです。 Grazie alle guide e' possibile orientarsi e accedere virtualmente alle sale dei due musei, utilizzando la mappa interattiva per creare il proprio percorso di visita. Nella nuova applicazione (software) si trova l'elenco di tutte le opere esposte, ma solo un centinaio sono dotate di un'immagine a colori, con descrizione dettagliata dell'opera. インタラクティブ(双方向的)な案内図を見ながらどの順路で美術館を回るかを決め、バーチャル・ルームにアクセスすることができます。新しいアプリケーション(ソフトウェア)には展示されている全ての作品リストが入っていますが、詳しい解説とカラー画像が付いたものは約100作品のみになっています。 E possibile accedere anche alla pagina "Capolavori", dove si trovano le dodici opere piu importanti del museo che si sta visitando virtualmente. Queste immagini sono corredate da testi di approfondimento e si possono ingrandire ad alta risoluzione, leggendo in una piccola finestra anche un breve commento sui dettagli piu suggestivi dell'opera che stiamo guardando. Esiste inoltre una sezione Informazioni, con l'indicazione sugli orari e sui costi del biglietto di ingresso, il tragitto per raggiungere il museo e una scheda generale sulla sua storia. Le guide digitali, saranno presto disponibili al pubblico nelle librerie e nei negozi della Apple. 「代表作」のページにアクセスすることもでき、訪れている仮想美術館が所蔵する最も重要な12作品を鑑賞できます。 この12作品には詳細な説明が付いていて、高精細画像で拡大することもできます。各作品からアクセスできるポップアップ画像には、今見ている絵画の最も注目すべき点に関するミニ解説が載っています。またインフォメーションコーナーもあり、美術館の開館時間や入館料、アクセス方法、美術館の歴史の総合案内などが出ています。 このデジタルガイドは書店やアップル社の店舗でまもなく一般公開になります。 Bruno Mari, vicepresidente di Giunti Editore di Firenze, ha dichiarato: ≪Siamo orgogliosi di aver creato queste due prime guide digitali. Il nostro obiettivo e di divulgare in modo semplice ma capillare la conoscenza del patrimonio artistico fiorentino, rivolgendoci al maggior numero di persone possibile, grazie alle nuove tecnologie. Questo e solo il primo passo di un progetto piu ampio e in piu lingue, che riguardera anche gli altri musei statali fiorentini e sucessivamente le opere dei Musei vaticani≫. 「この二つのデジタルガイドを創れたことに満足しています。我々のねらいは、シンプルでも皆さま一人一人に浸透するような方法を使ってフィレンツェの芸術遺産を知ってもらうことです。新しい技術を利用してできるだけ多くの皆さまにお伝えしたいのです。このプロジェクトは今後更に規模を広げ、イタリア語だけでなくもっと多言語で展開する予定ですが、今回はその第一歩に過ぎません。これに続き他のフィレンツェの国立美術館や、更にはヴァチカン美術館の作品も検討しています。」とフィレンツェのジュンティ出版社の副社長ブルーノ・マリ氏は述べています。 Questa iniziativa della casa editrice Giunti e dei musei fiorentini che si aggiunge ai numerosi prodotti digitali e ai siti Web dedicati all'arte italiana, sicuramente stimolera soprattutto i giovani ad avvicinarsi ai nostri capolavori artistici del passato o della nostra arte moderna e contemporanea. (1) ジュンティ出版社とフィレンツェの美術館が、多くのデジタル製品とイタリア美術関連のウェブサイトと組んでできたこの企画は、人々が、特に若い人たちが過去のイタリア芸術の秀作に親しむ刺激に間違いなくなるでしょう。更には近代美術、現代美術にも興味をもつきっかけになるかもしれません。 Si spera pero che l'amore per l'arte non rimanga solo virtuale e che sia ancora la maggioranza delle persone, in futuro, a preferire le vere opere d'arte, anche a costo di qualche fila troppo lunga o di qualche sciopero. しかしながら確かにいい刺激にはなりますが、仮想空間だけで満足してしまうのは少し寂しい気がします。やはりこれからもイタリアに行って本物の作品を見たいと思う人が依然として大多数であることを願っています。長蛇の列や美術館のストのリスクがあっても、足を運ぶだけの価値は絶対あるのですから。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player